awsの運用で用いられるworkspaces

最近はウェブサービスをする企業も増え始めています。その中には、クラウドコンピューティングサービスを実施しているところもあります。そんな業者の一つに、インターネット通信販売事業で成功を収めているアマゾンがあります。

それは、「aws」と呼ばれていて、それを運用する際にはworkspacesが活用されます。この記事では、awsの概要からworkspacesについてまで紹介します。

⇒awsの運用をするときにスクリプトを書けるエンジニアが必要な理由

awsとは?

awsは、アマゾンが展開しているクラウド型のコンピューティングサービスのことで、正式名を「Amazon Web Services」と言います。インターネットを活用した通信販売ですでに有名なアマゾンの系列会社がこのサービスを提供しています。

もともと、awsは、アマゾン社自体が自社のインフラを構築するために開発したものです。アマゾンの通信販売のシステムでは、連日世界中から多数のアクセスがあり、それに対応すべく、サーバー機器などの強化を続けてきたのですが、そのシステムを他社でも利用できるように解放したのが、awsのスタートでした。

awsの代表的なサービスとして「バブリッククラウド」があります。このサービスでは700以上ものサービスが利用可能です。この機能は、インターネットを経由してawsのコンソール画面にアクセスすることで利用可能です。

awsでは、実際にアマゾンが保有している最新テクノロジーを利用可能で、クラウドの基本サービスである「データーベース」・「レンタルサーバー」・「ストレージ」を利用することで、データのバックアップやデータの保管が可能です。

その他にも、機械学習システムや、画像認識システム、オンデマンド配信システム、IoTシステムなどの構築が可能です。

aws導入のメリット

awsのいちばんのメリットは、コストが安いことです。従量課金制が採用されているので、実際に利用した分のみの請求が来ます。つまり、日中のみしか利用しない企業などの場合は、夜間の料金は不要なのです。awsは高機能であるのも魅力です。

一般的にクラウド確立のためには、セキュリティ対策が必須となりますが、awsの場合は、アマゾンがこれまで自社で培った技術を使用して、セキュリティ認証を受けるなど、高いセキュリティ性を実現することで、世間からセキュリティに関する信用を勝ち取っています。

awsは、ビジネススピードの向上につながることも利点です。企業が企画を思いついた際には、すぐにプロトタイプを作れます。プロトタイプ作成後も、ストレージやCPUなどのパラメーターを容易に変更できるので、柔軟性や拡張性が高いこともメリットと言えるでしょう。

aws導入のデメリット

awsにもデメリットがあります。最初にあがるデメリットは、aws導入の際に予算化が困難なことです。先にも紹介したようにawsでは、使った分だけ請求が来る従量課金制がとられています。そのため、毎月の利用料金が固定額ではないので予算が立てづらいのです。

また、awsは多機能すぎて、サービスの選択が困難で、利用者を混乱させてしまうこともデメリットです。そのため、awsを利用し続けるためには、awsのサービスに関する知識を常に学習する必要があり、場合によっては専属のオペレーターをつける必要があるかもしれません。

なお、awsでは、これまで出てこなかったような、新しい概念がたくさん採用されています。これらのawsのサービスを使いこなすためには、aws特有の概念を理解する必要があります。その中でも、コンソールを使用してファイアウォールを設定するセキュリティグループの構築は難易度が高いことで知られています。

仮想デスクトップとは?

仮想デスクトップの概念は、データセンターなどのサーバー上に「仮想マシン」と言うものを稼働させて、利用者の端末にデスクトップ環境を再現させるものです。この場合のプログラムの動作は、サーバー上で行われていて、サーバーが表示している画面を、利用者の端末に転送します。

仮想デスクトップのメリットは、エンドユーザーの端末にデータを保管する必要がないことです。そのため、万が一エンドユーザーの端末が盗難や紛失にあっても、情報漏えいのリスクがありません。

また、エンドユーザー端末のストレージに余裕ができるため、端末が快適に動作するようになるのもメリットです。

営業マンなども外出先でアクセスが可能なところもメリットです。インターネット回線さえ確保していれば、取引先でも自宅でもデータの更新が可能で、営業マンも直出や直帰がしやすくなり、残業の軽減効果もあり働き方改革につながります。

WorkSpacesとは?

アマゾンWorkSpacesとは、マネージド型の仮想デスクトップサービスです。クライアントの端末がインターネットに接続されていれば場所や時間を問わず利用可能です。WorkSpacesの利点は、「スモールスタートが可能」なことです。

初期投資が不要で月額料金に関しては「固定料金」と「従量課金」の2種類から選べます。固定料金制はたくさんのデータアクセスする人におすすめで、決められた一定の月額料金を支払うことで、サービスを無制限に利用可能です。

使用頻度が低い人は、従量課金がおすすめで、この場合は使用した分しか料金が発生しません。アクセス時間を最小限に抑えることでコストダウンが可能です。「端末を選ばないこと」もメリットです。利用可能な端末は、WindowsパソコンやMacパソコンなどに対応しているほか、各種タブレット端末にも対応しています。

各端末ごとに使用するソフトウエアは異なりますが、アマゾンのウェブサイトから無料でダウンロードが可能です。「オンプレミス環境との連携」も可能です。awsとオンプレミス環境を接続することで、既存のシステムをそのまま利用可能です。

「バックアップやセキュリティ面が安心」なこともメリットです。バックアップに関しては12時間ごとにバックアップしてくれます。awsとのデータのやり取りの際にはPCoIPプロトコルが利用されています。このプロトコルはデータのやり取りをする際に、データを圧縮し暗号化するものですので、高いセキュリティ性を誇ります。

クラウドに保管されているデータについても圧縮と暗号化がされているので、クラウド経由でデータが盗まれる心配もありません。

WorkSpacesを利用して快適なaws環境を利用しよう

ご紹介したように、awsは、通販サイトとして成功を収めている、アマゾンが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。その中には、WorkSpacesというサービスがあります。WorkSpacesは、アマゾンが提供する仮想デスクトップサービスです。

WorkSpacesを利用することでいろいろなメリットがあるので、WorkSpacesサービスを利用して快適なaws環境を利用してみてはいかがでしょうか。

関連⇒AWS監視・運用 マネージドクラウド | CloudCREW | GMOクラウド株式会社http://managed.gmocloud.com/managed/